◆7作目の5日目:南房総市→館山市→南房総市→鋸南町→富津市

Minamiboso > Tateyama > Minamiboso > Kyonan > Futtsu


kml KMLファイル ※右クリック→「リンク先を保存」を選択

 

●移動距離

本日 83.14669km (3,273,492inch)
累計 409.43497km (16,119,486inch)

前半は調子よかったのだが。。後半にペース落ちたorz

 

とにかく用事が重なった1か月だった

ここ1か月、ばたばた続きでした。。
TDWが急に決まり、プラン~制作を行ないつつ、年末年始の企画。。。
それに加えて語学の勉強。
気がついたらもう10月も終わりか。あっという間だ。
GPS絵画関連も諸々動いてきました。
今が頑張り時です(^^)

 

片道5時間!千葉最南端はなめたらあかん

本日のスタート地点は、千葉県最南端の駅・千倉
ゆえにどうしても始発で自宅を出発しますが、本日は平日でいつもの土日と違う。
始発から電車を乗り継ぎ、千葉駅で内房線に乗ろうとしたらサラリーマンで満員!
さすが日本の企業戦士、月曜朝から満員です。
自転車を輪行している自分は乗るわけにもいかず、無慈悲にも去り行く内房線。。。
次の電車を調べたら、当初予定よりなんと2時間も到着が遅れることが判明。
幸い外房線という選択肢もあったのですが、それでも1時間遅れて到着することに。とほほ。
始発から5時間以上経ってました。。

 

房総半島の南端を巡る

電車での移動はボロボロでしたが、天気は台風が過ぎ去ったばかりで超快晴。
10月下旬とは思えないほど暖かくこれほど自転車にうってつけな天気はない。
軽快にスタートを切る。

自転車は快適そのもの。
風を受けることなく、道も起伏がなく、こげばこぐだけスイスイ進む。
平日のためレジャー目的の自動車も少なく最高のコンディション。
スタート地点・千倉から房総半島の先端・須崎までは『房総フラワーライン』と呼ばれ、
日本の道100選にも選ばれています。
今の季節はそうでもないが、春から夏にかけては最高の場所なのでしょう。

房総半島の先っちょに近づくと、そこは砂だらけの地帯。
海岸に沿って防砂壁が設けられていますがそれでも道は砂だらけ。
歩道の一部は完全に埋まり、自転車じゃタイヤがとられて進めない。

房総半島の最西端に位置する洲崎灯台
ここを越えた辺りから状況が一変する。

 

内房は別世界だった

今まで平坦だった道が一転し、アップダウンの激しい峠道に。
しかも海からの向かい風をもろに受け前に進めない。
なんだこの違いは。。ペダルをこぐ足に力が入る。

力んだのがいけなかったのか、右膝の調子がおかしい。
違和感がだんだん大きくなってきて、ズキズキしてきました。
その痛みがついにズキッ!と。
これはあかん、どこかで休憩をとらねば。
峠道を抜け、金谷港にて小休止。
神奈川県久里浜へのフェリーが発着し、交通の要所となっています。
ゆえに休憩するための施設は充実^^

右膝をかばいながらの運転だったため、今度は左膝への負担も大きくなってきました。
それにしても、内房に入っただけでこうも環境が違うとは。
さすがに想定外だった。。皆さんはお気を付けください。

山の中から白い塔のようなものが覗いている。
よく見ると塔ではない、観音像だ。
全長56メートル、大坪山の頂上から東京湾を見下ろす東京湾観音
予備知識もなく遭遇すると間違いなく度肝を抜かれるので注意しよう。

両膝ともぼろぼろになりながら佐貫町駅に到着。
あかん、さすがにもうこれ以上進むのは無理だ。ここで今日は終了します。
ついていないことは続くもので、自転車を分解しているときに帰りの上り電車が過ぎ去る。
次の電車は1時間後。。。とにかく電車に恵まれない1日だったorz

 

●記録写真・記事

画像をクリックすると、その場で記録した「写真」と「記事」が表示されます。


より大きな 地図 を表示

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>